レンタル規約

第1条 総則
このレンタル規約は、Vintage note合同会社との間の賃貸借契約(以下「レンタル契約」という)に関し、特別な契約書類を作成しない場合に限り適用されます。 また、本規約及びレンタル契約に定めがない事項については、民法の賃貸借契約の規定が適用されます。

第2条 レンタル期間
レンタル期間は、利用申込みの際に、ご指定いただいた、商品のご利用開始日から、ご利用期間終了日(返却手続完了)までの期間となります。 万が一、会員(利用者)のご都合または配送業者の事情でご利用開始日を過ぎてレンタル商品をお受取りになった場合であっても、レンタル期間を変更することはできないものとします。 また、会員(利用者)のご都合で契約が終了した場合もレンタル料金は当初契約した全額をお支払いいただきます。

第3条 ご利用料金
ご利用料金は、当社が発行するレンタル料金表に基づいて算出した、レンタル料、運送諸経費、その他代金などに消費税を付した金額の合計になります。

第4条 商品のお渡し
当社は会員(利用者)に対し、レンタル商品を会員(利用者)の指定する場所においてご利用開始日までに引渡し、会員(利用者)はレンタル商品を期間終了日に返却手続きを完了(当社の指定する配送業者に引渡しを行う。)するものとします。
会員(利用者)の指定した場所でレンタル商品を引き渡すことが不能と当社が判断した場合、引き渡し場所の変更を会員(利用者)にお願いする、または、レンタル契約を解除することがあります。
商品受け取り後すぐに梱包等を開封し、会員(利用者)自身で商品の内容、形状、数量等に関してご確認ください。その時点で、利用困難な程度の破損や商品内容の間違い、数量不足など、当社の責任で何らかの問題が生じている場合には当社は速やかに対応するものとします。ただし、レンタル期間終了までに、問題が解決できない場合があることをご了承ください。この場合、その商品レンタル代のご返金をもって、当社はその一切の責任を負わないものと致します。
配送業者の責任によるレンタル商品の遅着または破損については、当社は一切の責任を負いません。
商品のお受け取りから24時間以内に会員(利用者)からのご連絡がない場合、その商品は正常なものと判断しそれ以降の申し出は受付けしないものとさせていただきます。

第5条 責任の範囲(免責事項)
会員(利用者)の責によらない事由によりレンタル期間中に生じた性能の欠陥により商品が正常に作動しない場合、当社は代替商品を交換します。また、 代替商品が無い場合はその商品レンタル代のご返金をもって、当社はその一切の責任を負わないものと致します。
会員(利用者)の責によらない事由によりご予約されたレンタル商品がお手元に届かなかった場合、その商品レンタル代のご返金する事をもって、当社はその一切の責任を負わないものと致します。
下記の項目及び、それに類する事に関して、当社はその一切の責任を負わないこととします。ただし、当社の故意または重過失による場合は、この限りではありません。
① 会員(利用者)がレンタル商品の使用、設置、保管によって生じた事故の被害、又は第三者に与えた損害。
② レンタル商品がレンタル期間中に使用不可能になった場合の会員(利用者)の損害。
③ レンタル商品が配送途中の事故によりレンタル契約の目的が果せなかった場合の会員(利用者)の損害。
④ レンタル商品が、使用不能により会員(利用者)に発生した損害。
レンタル商品が、会員(利用者)の想定する使用目的に合致すること、または、有用であることの保証は、当社は一切いたしません。また、上記の目的適合性または有用性を欠くことについての損害賠償責任は負いません。

第6条 レンタル用品の使用、保管等
会員(利用者)は、商品を日本国内で使用するものとし、国外には持ち出さないものとします。
会員(利用者)は、レンタル商品を第三者に使用させたり、譲渡、質入、転貸等をしたりすることはできません。
会員(利用者)が、レンタル商品を使用される際、会員(利用者)の使用上の不注意によって生じた損害については、当社は一切の責任を負いません。
会員(利用者)は、レンタル商品を善良な管理者の注意をもって使用・保管するとともに、レンタル商品が正常な使用状態及び十分に機能する状態を保つようにするものとします。
会員(利用者)が下記に掲げる行為や表現(以下「禁止事項」とする)を行うことを禁止します。
(1)商品アイテムの一部または全部を修理、交換または分解する行為。ただし、事前に当社へ修理、交換、分解の申し出を行い、当社が許可した場合には当該行為については、この限りではありません。
(2)弦など消耗品の交換に必要な部品の分解に関し、会員(利用者)は当社への告知なく実施することができますが、その際には十分な注意を払い、各部品の破損や部品同士の再結合、再構成に際し、破損、紛失が起きないよう努めてください。消耗品交換に際した部品や商品アイテム自体の破損、紛失については、会員(利用者)に賠償金を求めることがあります。
(3)会員(利用者)には、レンタル商品の使用及び保管について、善良なる管理者による注意義務を負っていただきます。

第7条 レンタル商品の返却
会員(利用者)は、レンタル商品をレンタル期間の終了日までに、当社指定の方法により、指定の配送業者より返却手続きを完了(当社の指定する配送業者に引渡しを行う。)していただきます。破損防止のため、返却する際は、当社から送付した商品送付時の梱包材・段ボール等をご利用ください。当社指定以外の運送方法でご返送された場合には、かかる実費分を別途ご請求させて戴きます。
会員(利用者)はレンタル商品を商品到着時と同様な状態で返却することとします。著しい汚損があるものと当社が判断した場合には、別途会員(利用者)へ修理料、メンテナンス料等を請求する事ができるものとします。

第8条 レンタル期間の延長
レンタル期間の延長をご希望される場合には、会員(利用者)がレンタル期間終了の前日までに必ず当社の問い合わせフォームまたは電話にて連絡をいただき、その上で当社の承諾があれば可能となります。
延長可能となった場合には、規定の延長料金を頂戴いたします。ただし、該当商品に別の会員(利用者)からの予約が入っている場合等はレンタル期間を延長することはできません。延長不可の場合はレンタル期間終了日に速やかに返却手続きを完了(当社の指定する配送業者に引渡しを行う。)をするものと致します。

第9条 レンタル後の購入
会員(利用者)は、購入可能品に限り、当社の指定する手続に従って申込み、当社が承認した場合は、レンタル商品を返却手続きせずそのまま当該物品を出品者から購入することができます。
当社の指定する手続きが完了した時点で売買契約が成立したことになります。
予約状況等によりレンタル後の購入ができなくなる場合があります。その場合のレンタル料金のご返金はいたしません。

第10条 レンタル商品返却の遅延
商品の延長が出来ない状況において、返却を遅延された場合等、返却が遅れることで、他の貸し出しが出来ず、当社が不利益を得る場合、その損害分を請求させて頂きます。また、ご連絡なく延長された場合は通常の延長料金の2倍をご請求させていただきます。
会員(利用者)からレンタル期間満了日を過ぎて3日以上ご連絡がない場合や、会員(利用者)が本レンタル規約に違反した場合は、特段の通知、催告なくレンタル契約を解除することができるものとします。
上記の場合、会員(利用者)には直ちにレンタル商品を返却していただきます。契約解除後、当社がレンタル商品の返却を受けるまでの間は、延長料金相当額に違約金(延長料金と同額)を付加してお支払いいただきます。返却の見込みがないと当社が判断した場合は、延長料金、違約金とは別に商品再購入価格をお支払いいただきます。

第11条 レンタル用品の破損、紛失等
レンタル商品が会員(利用者)の責に帰すべき事由により紛失または損傷した場合、並びに、会員(利用者)が当社のレンタル商品に対する所有権を侵害した場合は(以下、「紛失・損傷等」といいます。)、会員(利用者)は 当社に対して、紛失・損傷等したレンタル商品の再購入代金または修理代金等当社が被った一切の損害賠償していただきます。
また、レンタル商品の返却時に、セット内容の一部を忘れた場合、そのセットの一部が返却されるまで、当社料金表に基づくレンタル料金の30%をお支払いいただきます。また、会員(利用者)がお忘れになったセット内容の一部を返却される時の配送料は会員(利用者)負担となります。
なお、該当商品に別の会員(利用者)から予約が入っている場合等で、当該セットの他の貸し出しが出来ず、当社が不利益を被る場合には、その損害分を請求させいただきます。また、セットの一部でも紛失・損傷等された場合、商品再購入価格をお支払いいただきます。

第12条 予約の取り消し(キャンセル)
本サービスを申し込んだ日から、当社が商品アイテムを発送するまで、当社の問い合わせフォームにその旨を記載して入力・送信することで、申し込みの取り消しを申請できます。
ご予約確定後、予約を取消される場合下記に定める予約取消手数料が発生します。
① 予約取消日が利用開始日の4日以前・・・無料
② 上記以降・・・ご利用料金の全額(往復運送料を含む)

第13条 遅延損害金
当社より請求されたレンタル料金、延長料金、違約金、または、損害賠償金の支払いが、当社の指定期限から7日を経過した場合、遅延損害金として、指定期限から7日を経過した日の翌日から支払い済みまで請求した金額の14.6%が加算されます。

第14条 契約の解除
当社は、会員(利用者)に次にかかげる事由の1つに該当する事由が生じたときは、なんらの催告を要することなく、レンタル契約の全部または一部を解除することができます。
① 支払い停止または支払い不能の状態に陥ったとき
② 手形又は小切手が不渡りとなったとき
③ 差押え、仮差押え、仮処分、又は競売の申立があったとき
④ 破産、会社整理、会社更生、民事再生の手続開始の申立を自ら行ったとき、又は申し立てられたとき
⑤ 解散、又は営業の全部若しくは重要な一部を第三者に譲渡したとき
⑥ 合併、会社分割、株式交換又は株式移転の手続を開始したとき(甲及び乙が当事者である場合を除く)
⑦ 営業の取消し、または停止処分を受けたとき
⑧ その他本規約に定める条項に違反したとき
この場合、会員(利用者)には直ちに商品を返却していただくものとし、当社が引き渡しを受けるまでの期間のレンタル料金及び追加料金をいただきます。

第15条 安心パック補償(以下「本サービス」という。)について
1.本サービスにおける補償対象は、次の各号の補償該当事由が発生した場合とします。保険料は当社負担とします。
(1)補償対象商品の水濡れ、破損、汚損、または火災による焼失等
(2)補償対象商品の盗難
2.本サービスの補償請求における重要事項。
(1)会員(利用者)は盗難または火災による焼失等を事由として補償の請求を行う場合、当該事由を警察または消防署等公的機関へ届け出るものとします。また、前項の請求に際し、その届出先の機関名、届出年月日および受理番号等を当社へ申告するものとします。
(2)当社が補償の請求を受けた場合、次の各号のいずれかに該当する場合を除き、その請求を承諾するものとします。
① 会員(利用者)の故意または使用条件を逸脱した使用により、故障または破損した場合
② 補償の請求を行った日を起算日として、過去1年間に複数回の補償を受けている場合
③ 当社の判断に必要な情報の提供を会員(利用者)から受けられない場合
④ 過去に本規約への違反があり、補償の請求時においても是正されていない場合
⑤ 補償契約、その他の契約において会員(利用者)が虚偽の申告を行ったと当社が判断した場合
⑥ 支払い期日を経過後、支払われていない補償料金または負担金その他の債務 (当社と会員(利用者)との間で締結している他の契約に係るものを含む)がある場合
⑦ 補償請求商品を加工、改造、修理した場合
⑧ その他、当社が不適切と判断した場合
⑨ 会員(利用者)が補償を受ける場合、1商品あたり以下に定める免責金額を支払うものとします。なお、当社は、如何なる事由があっても会員(利用者)が支払った免責金額の返金に応じないものとします。 30,000円(税抜)
3.補償請求商品の送付及び送料負担
(1)会員(利用者)は、補償請求を当社が確認した日から起算して 7 日以内に、補償請求商品を当社が別途指定する方法により当社へ送付するものとします。
(2)補償請求事由が盗難または火災による焼失である場合 なお、会員(利用者)は盗難を補償請求事由として補償の請求を行った後、補償請求商品が発見された場合は、速やかに当社へ送付するものとします。
(3)補償の請求時点において補償請求商品の送付が困難であると当社が認めた場合
(4)本サービスの補償に伴う送料は、原則として会員(利用者)が負担します。
4.禁止行為
会員(利用者)は、本サービスを利用するにあたり以下の行為を行わないものとします。
(1)補償の請求その他本サービスの補償に関する虚偽の届出または申告行為
(2)他者になりすまして本サービスを補償する行為
(3)本サービスを不正の目的をもって補償する行為
(4)犯罪行為もしくは犯罪行為に結びつく行為、またはそのおそれのある行為
(5)その他、法令、公序良俗若しくは本規約等に違反する行為、またはそのおそれのある行為
5.免責事項
当社は、本サービスの提供により会員(利用者)に損害が生じた場合であっても、当社はその一切の責任を負わないこととします。ただし、当社の故意または重過失による場合は、この限りではありません。
5.本サービスの変更・停止等
(1)当社は会員(利用者)に対する事前の通知をもって、本サービスを変更・停止・終了させることができるものとします。
(2)当社は前項に伴い会員(利用者)及び第三者が被った損害に対して一切の責任を負わないものとします。

第16条 準拠法
本レンタル規約の成立、効力、履行および解釈に関しては日本法が適用されるものとします。

第17条 管轄裁判所
当社と会員(利用者)は、本規約またはレンタル契約に関して紛争が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とすることに合意します。

第18条 本規定の変更
1.当社は、以下に掲げる場合、民法548条の4の規定により、会員(利用者)の承諾なく本規約を変更できるものとし、会員(利用者)等は、あらかじめこれを承諾するものとします。本規約の変更の結果、会員(利用者)等に不利益または損害が生じた場合であっても、当社は一切の責任を負いません。
(1)本規約の変更が会員(利用者)等の一般の利益に適合する場合。
(2)本規約の変更が、契約をした目的に反せず、かつ、変更の必要性、変更後の内容の相当性その他の変更に係る事情に照らして合理的なものである場合。
2.前項による本規約の変更は、インターネットの利用その他の適切な方法により会員(利用者)等へ周知します。
3.1項による本規約の変更は、周知の際に定める1か月以上の相当な期間を経過した日から適用するものとします。

第19条 附則
2021年9月20日 制定